お知らせ
2012.07.20実施企画を更新しました。

Background - 背景 -

『理美容室のオーナーが抱えている様々な悩みに耳を傾け解決していく組織』それが、設立45年を迎えたSPCJAPANです。現在、1000名以上のオーナーが会員として加入。サロンと美容業界の発展を目指し、世界最大の理美容室のボランタリー組織となっています。

そのSPCJAPANが毎年開催しているヘアコンテスト&ショーイベントがSTYLING COLLECTION-全日本理美容選手権大会-です。全国13統括で予選を行い、予選を勝ち抜いた理美容師による決勝大会。のべ1万人が毎年参加しています。

そして、2011年3月、未曾有の大震災が日本を襲いました。あれから1年以上の月日が経ちました。日本は着実に復興に向けて歩み続けています。被災者の支援が進む一方、各業界では、まずは自らの産業・経済の復興を軸に、「今出来ること」を考え、自発的な復興支援の道を歩み始めました。SPCJAPANもこの復興に向けて「理美容業界に今出来ること」を考えました。

  • Background 1
  • Background 2
  • Background 3
TOPへ

Event - イベント概要 -

理美容業界を常にリードし、組織構築以来「人と人とのつながり」「仲間を労わり共に成長する」といった、人間を形成する上で最も大切にすべきことを尊重・継承し続けてきたSPCJAPANだからこそ今出来ることがあります。その想いを「形」にして伝えたい…。2011年のSTYLING COLLECTIONは、特別な意味合いを持たせ、「想い」を発信しました。SPCJAPANが提唱する、憲章・理念・基本軌道は、日本の復興に何かしらの影響を与え、人々に力を与えられると考えています。そこで、1万人の理美容師が「心」「技術」「想い」をひとつにつなぐ、2011.9.12の同時開催コンクールでは、「つながる」をテーマに日本・世界でも初めてのユーザー参加型の同時開催イベントを実施しました。

  • Event 1
  • Event 2
  • Event 3
TOPへ

Enforcement Plan - 実施企画 -

  1. 被災地の美容学校の学生23名をSTYLING COLLECTIONに招待。
  • Enforcement Plan 1
  • Enforcement Plan 2
  • Enforcement Plan 3
TOPへ